【徹底検証】イビサクリームVSピューレパール|どっちが買い!?

【徹底検証】イビサクリームVSピューレパール|どっちが買い!?

 

デリケートゾーンが黒ずんで恥ずかしい、遊んでいると思われたくない、こんな悩みを抱えていませんか。デリケートゾーンは、下着の摩擦やムレなどが原因で黒ずみができやすい部位です。常にダメージを受けているので、肌が弱っています。だから、専用のクリームで肌の力を回復させてあげることが、黒ずみ解消のポイントです。

 

デリケートゾーン専用の黒ずみケア用品が「イビザクリーム」と「ピューレパール」です。どちらも多数の雑誌で紹介されたり、多くの方から喜びの声をもらっています。どちらとも魅力的な商品ですが、使うならどちらがよいのでしょうか。

 

 

イビサクリームはこんな商品

 

デリケートゾーンクリーム人気NO1を獲得しているクリームがイビザクリームです。96.7%の方が満足をしています。イビザクリームが人気のポイントは3つあります。

 

1つめは医薬部外品の成分を配合していることです。

 

イビザクリームには、美白をサポートするトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合しています。トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する医薬部外品の美白成分です。

 

 

2つめは植物由来成分を配合していることです。

 

サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキスが美白をサポートします。

 

 

3つめは8種類の保湿成分を配合していることです。

 

黒ずんでいる肌は、下着の摩擦などで肌の力が低下をしています。保湿をすることで肌の力は回復します。イビザクリームは厳選した8種類の保湿成分を配合しています。デリケートゾーンの肌を健やかに保ちます。そして、敏感肌にうれしい5つのフリーです。合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンは使用していません。

 

デリケートゾーン用のクリームだとはわからない化粧品のようなパッケージです。コンパクトなので旅行先にも持ち運びをしやすいです。

 

 

ピューレパールはこんな商品

 

81.7%の方が黒ずみがケアできたと回答しているクリームがピューレパールです。モンドセレクションを3年連続で受賞しています。

 

ピューレパールの特徴は、潤い成分をたっぷり配合していることです。トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、トリプルコラーゲン、天然ビタミンE、セラミドといった保湿成分を配合しています。たっぷりの保湿成分が肌に潤いを与えて、デリケートゾーンの肌を整えます。

 

美白成分ももちろん配合をしています。プラセンタ、米ぬかエキス、グリチルリチン酸2Kがメラニンの生成を抑制したり肌の生まれ変わりをサポートして、透明感のある肌へと導きます。これらの成分はメラニンが存在する肌の奥に届けることが大切です。しかし、黒ずんでいる肌は角質が厚くゴワゴワしているため、成分が肌に浸透しにくい状態になっています。

 

そこで、ピューレパールは成分を独自技術でナノ化しました。ナノ化した成分が肌にスーッと浸透をします。デリケートな部位にも使用できるように、合成香料、着色料、シリコン、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤といった肌に刺激を与える成分は配合していません。

 

 

結果・・・、イビサクリームの勝利!|その勝因とは・・・。

 

結果はイビザクリームの勝利です。

 

イビザクリームには8種類もの保湿成分が配合されています。たっぷりの保湿成分は肌の状態を整えます。そして、医薬部外品の美白成分も配合しています。医薬部外品は効果効能が期待できる厚生労働省が認めたものです。一方、化粧品は肌を整えることが目的で効果効能を謳うことはできません。

 

黒ずみを解消するには根気よくケアを続ける必要があります。イビザクリームは黒ずみケアクリームとはわかりにくいパッケージで、気軽に使用をしやすいことでしょう。コンパクトなのでバックに入れて持ち運び、旅行先でも使用できます。

 

 

>>イビサクリームの詳細情報はコチラ